自分で守る

drugs with ellipse shape

妊娠を望まずにセックスをするという場合には避妊をする必要があります。避妊をする方法にはいくつかありますが、日本でポピュラーとなっているのはコンドームです。
コンドームと言うのは男性側が使用する避妊具となっています。しかし、男性が避妊を嫌がる、コンドームを正しく装着できていないという場合には避妊に失敗してしまう可能性があります。こうしたケースもありますので、避妊というのは男性に任せるのではなく女性自身が行うことをおすすめします。

避妊薬には大きく2つの種類があります。
一方はアフターピルと呼ばれるものです。アフターピルは、性行為をしたあとに避妊をすることができる医薬品が存在しています。服用することによって精子の動きを鈍くして受精卵が誕生することを防ぐ、受精卵ができたとしても着床を防ぐことができるという効果があります。効果が高いという分副作用が強いという傾向がありますので、理解をした上で服用しましょう。

次に低用量ピルというものです。低用量ということでアフターピルより成分は強くありません。その為体に掛かる負担は非常に少なく、安心して服用することができます。ただし、アフターピルのように1錠飲めば避妊ができるというものではありません。性行為の頻度にかかわらず毎日同じタイミングに服用する必要があります。

どちらもピルと呼ばれる医薬品ですが、種類によって服用方法や現れる効果は異なります。
そのため、自分にあっているものを試すようにしましょう。
また、ピルというのは避妊の効果があるだけではなく、生理痛を軽減させる、生理不順を解消するというような効果もあります。